大阪吹田 脳を育てる運動療育 送迎ありの放課後等デイサービス_こどもプラス大阪
2021-07-14

ソーシャルスキルトレーニングを発達障害の子どもたちは吹田のどこで受けられる?①

発達障害をもつお子さまの教育について調べていると、ソーシャルスキルトレーニングという言葉に出会います。

SSTと略して呼ばれることも多いソーシャルスキルトレーニング。

学ぶことで、社会のルールや相手の行動を考えながら、その場に合わせた適切な行動ができるようになります。

誰でも「社会的スキル」は生まれてから、成長とともに学んでいくものです。

ソーシャルスキルを身につければ、発達障害をもつお子さまの人生がより豊かなものになるでしょう。

それでは、具体的にどこでソーシャルスキルトレーニングが受けられるのか、ご紹介します。

ソーシャルスキルトレーニングはどこで受けられるのか

ソーシャルスキルトレーニングは、医療機関や学校、福祉施設をはじめさまざまな場所で受けられます。

1.医療

発達障害の治療をおこなっている精神科や心療内科、小児科や公立の療育センターなどでソーシャルスキルトレーニングを実践しています。

医療的支援のうち、相談・療育のアプローチで医師のほか、言語療法士や臨床心理士が療育プログラムのなかで子どもたちと関わります。

2.学校

学校や担任の先生が、社会性につまづきのある子どもたちにソーシャルスキルトレーニングを実施するケースがあります。

特別支援学校や支援学級では、授業や校内生活はもちろん、進路指導や就労指導でもソーシャルスキルトレーニングが重要な役割を果たしています。

3.福祉施設

発達障害をもつ大人向けの場合は、精神科のデイケアや就労移行支援事業所や若者地域サポートステーションなどでソーシャルスキルトレーニングを実践しているところがあります。

子ども向けでは、放課後デイサービスが代表的です。

自立支援を目的に、子どもの発達段階にあわせた日常生活で必要な行動やコミュニケーションのサポートでソーシャルスキルトレーニングが活用されています。

吹田でソーシャルスキルトレーニングならこどもプラス大阪で

発達障害をおもちのお子さまにとって、ソーシャルスキルトレーニングは欠かせない発達支援のひとつです。

ソーシャルスキルトレーニングを取り入れている場所には、医療機関や学校、福祉施設などがあります。

なかでも未就学児から18歳までの幅広いお子さまのなかで社会性を身につけられるこどもプラス大阪のような放課後デイサービスは、ソーシャルスキルを学ぶのにおすすめの場所といえるでしょう。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です