コレステロールを下げる

健康診断のお蔭で食生活を見直し

職場から言われたので病院で再検査、指導をしてもらいました。
コレステロール値が高かったので、食生活の改善を主に指導されました。
魚卵やするめいかが好物でよく食べていましたが、 自宅で取り組みやすいように食生活の改善についてプリントで資料をいくつかいただいたので、それをもとにコレステロール値が高くなりやすい食材は、 好物であっても避けるようにしました。

期間は忘れてしまいましたが、2週間?1か月間ほど食生活の改善に取り組み、再診したところ、コレステロール値は正常値に戻すことができました。
特に運動をしたりはせず、食生活の見直しだけで改善することができました。

それ以降は健康診断で数値は正常値で落ち着いています。
最近ではコレステロール値が高めのものでも好きなものはあまり我慢していませんが、数値が悪かった当時よりは日常的に身体を動かすように心がけているおかげか、 コレステロール値も正常値内で落ち着いています。

健康診断で数値が悪かったおかげで食生活を意識した生活を送れるようになったので最近では数値としては健康的な生活が送ることができています。

生活習慣の見直し

私は、介護職で働く、30代女性です。
昨年度の健康診断で、血圧の値が平均よりも高かったです。
30代女性の平均血圧は、114/71mmHgです。私は普段、運動不足で食生活も不規則、外食が多いことが血圧が高い原因ではないかと思い、生活習慣を見直すことにしました。

まずは、不規則で外食の多かった食生活を見直し、忙しくても3食きちんととるようにしました。
また、血圧を下げる効果のあるといわれている、パセリやバナナ、玉ねぎなどを積極的に食べるようにし、なるべく自炊するようにしました。
お昼もできるだけ自分でお弁当を作って持っていくようにしました。

そして、運動をするようにしましたが、なかなか運動をする時間が確保できないため、職場への通勤は電車ですので、いつも降りる駅の一駅手前で降りるようにして、 ウォーキングしながら職場へ行くようにしました。

そんな生活を約1年続けたところ、今年度の健康診断では血圧の値が平均値まで下がっていました。
これからも、血圧だけでなく、健康に気を付けて生活していきたいと思います。